こんにちは、皆さん!

今回はバンクーバーのUBCでCSを勉強する僕が個人的におすすめのCSの方向けのインターンを行なっている会社を紹介していこうと思います。

僕の偏見が入ってしまう部分が多いかもしれませんが、「こんな会社あったのか!」くらいで思っていただければ幸いです。

トピック


概要

ここでは、インターンを獲得する難易度と一般的な評価(のちの就活への影響)、給料、特異性、おすすめ度でそれぞれを紹介していこうと思います。

* あくまで個人的な意見ですので、企業を選ぶときの一つの参考までにしてください!


会社一覧

Amazon

言わずとしれたCS界のトップ4、GAFAの一つです。毎年、夏(5月)と秋(9月)、冬(1月)にインターンを取っています。基本的にインターンは3ヶ月から4ヶ月間のものになり、バンクーバーで見つけれるCSのインターンでは最高額の給料がもらえるでしょう。人気なので、インターンの始まる少なくとも4ヶ月前から応募をし始めるといいでしょう。

バンクーバーにいくつかあるアマゾンのオフィスの内一つが入っているビル

UBCは地元の有名大学ということもあり、毎回多くの生徒がアマゾンでインターンをしています。彼らは大体リターンオファー(暫定内定)をもらうことができ、卒業後、そのままアマゾンに入ります。これは新卒の3時間面接をやり過ごすことができる、すごくいい機会なので、できれば入りたいですね。

難易度★★★★★
一般的な評価★★★★★
給料★★★★★
特異性★★★☆☆
おすすめ度★★★★★

僕はインターンは経由できなかったのですが、新卒でアマゾンに入ることができました。新卒で入るまでの軌跡をこちらに載せておきましたので、よかったら参考にしてみてください。


Microsoft

次にバンクーバーで有名なIT企業と言ったら、マイクロソフト社でしょう。こちらはバンクーバーのショッピングモール中心街に堂々とオフィスを構えているので、バンクーバーを訪れた多くの人が一目見たことがあるでしょう。

バンクーバーのマイクロソフトオフィス

同じように夏、秋、冬にそれぞれインターン生を募集しています。こちらもまた4ヶ月ほどのインターンになります。

個人的にはマイクロソフト社はC++の経験を重視しているような印象を人事との面接の際に受けました。マイクロソフトは一度新卒の時に面接をしたことがあり、その時はホワイトボードで問題を出題され、自分で書いたアルゴリズムを改良する際にうまくいかず、その後はありませんでした。

マイクロソフトもまたリターンオファーを出しているので、インターンでその後の職を獲得できるといいでしょう。

難易度★★★★★
一般的な評価★★★★★
給料★★★★★
特異性★★★☆☆
おすすめ度★★★★★

Slack

Slackロゴ

スタートアップなどの新しい企業で働いたことのある人なら知っている人も多いでしょう。企業内またはグループ内のやりとりをスムーズにしてくれるSlackというSaasを開発しているSlackです。知らない人も多いかもしれないですが、実はカナダ発のスタートアップでおそらく最も成功しているカナダのスタートアップと言っても過言ではないでしょう。

つい最近、バンクーバーでもインターンをとるようになりました。そして、早速夏限定みたいですが、インターン生を募集しています。当社はシリコンバレーにもオフィスを構えているまさに成功型のITスタートアップなので、技術的な部分だけでなく、様々な観点からも学べることがあるのではないでしょうか?

難易度★★★★☆
一般的な評価★★★★★
給料★★★★☆
特異性★★★☆☆
おすすめ度★★★★★

正直、実際に面接を受けたことがないので、正確な難易度は示せれないのですが、人気企業ということもあり、競争は激しいです。一方で有名なIT企業なので、評価はすごく高く、その次の仕事探しで役に立つことでしょう’。


SAP

日本でも知っている人が多い大企業のうちの一つです。BtoB向けのサービスを展開する世界各国にオフィスを有する会社です。バンクーバーではYaletownに位置し、飲み屋などが多いので、仕事帰りが結構楽かもしれません(笑)。

SAPバンクーバーオフィス

UBCの同期も多くの人がここに行っており、会社の規模感の割には入るのは簡単と聞きます。

そのため、GAFAなどの超大企業に入るための踏み台にされている印象が強いです。

難点があるとしたら、インターンが8ヶ月間であるということですね。少し長いので、より大きなことをインターン中にすることもできますが、一方で、学生の場合は卒業を遅らせることになるでしょう。

インターンをしていた友達の話では、何か足りないものがあったら、机の上の電話で連絡すると、すぐに買い足してくれるそうです(笑)

難易度★★★☆☆
一般的な評価★★★★☆
給料★★★★☆
特異性★★★☆☆
おすすめ度★★★★★

Hootsuite

Hootsuiteのロゴ

バンクーバー発のスタートアップで多くのUBC生がここでインターンをしています。Hootsuiteはソーシャルメディアでのデータを管理してくれるサービスを提供しています。テックスタックとしてScalaを使っているという珍しいパターンです。一方でインターン生はフロントや他の部分もやることがあるので、Scalaができなくても全然大丈夫です。

インターンは主に秋と冬に取っており、例外がなければ基本的に8ヶ月間のインターンになります。

難易度★★★☆☆
一般的な評価★★★☆☆
給料★★★☆☆
特異性★★★☆☆
おすすめ度★★★★☆

Realtor.com

Realtor.comのロゴ

結構悩みましたが、不動産をやっているRealtor.comをここでランクインさせました。友達が一人インターンしに行きましたが、当社が使用しているAWSのサービスに触れさせてくれたりなどのすごく実践的な内容をこなすことができるのが大きなポイントかと思います。

基本的には夏、秋、冬を通してインターン生を募集しております。期間は基本的に8ヶ月間といったところです。そこまで知られていない印象はあり、おかげで競争がそこまで激しくないのはいいことかもしれません。

難易度★★★☆☆
一般的な評価★★★☆☆
給料★★★☆☆
特異性★★★☆☆
おすすめ度★★★★☆

Deloitte

Deloitteのロゴ

Deloitteはコンサルのトップ企業なので、ここに出ているのが意外と思っている方も多いかもしれません。

彼らが提供しているプロダクトはソフトウェアにフォーカスを置いているので、エンジニアがいてもおかしくありません。彼らの学校での説明会に一度行ったことがありますが、APIについて話していたりと、CSの生徒さんの方が理解しやすい内容でした。

Deloitteでエンジニアをすることは少し特殊かもしれません。コンサル的要素も加わり、顧客とのミーティングもあったりするので、自分が作っているプロダクトのハイレベルなデザインおよび機能にも目をやることができます。

仕事のタイトルがコンサルであったりするので、ソフトウェアエンジニアだけでなく、コンサルも見てみてください。

このような他では見れないような経験を得られる点はインターンとしてはとても評価が高いのではないでしょうか?

難易度★★★☆☆
一般的な評価★★★★☆
給料★★★★☆
特異性★★★★★
おすすめ度★★★★☆

Splunk

Splunkのロゴ

バンクーバーで機械学習のインターンを探したいと言うのなら、僕の頭にはここが一番に上がってきますね。

こちらもサンフランシスコに支部を持つほどの大きなスタートアップ企業になります。膨大な量のデータを分析しているので、機械学習にはもってこいのインターンになるのではないでしょうか?

個人的には面接もらうのが難しい印象があります。過去にフルスタックエンジニアインターンに何回か応募しましたが、一度も面接まで持っていくことはできませんでした。

難易度★★★★☆
一般的な評価★★★☆☆
給料★★★★☆
特異性★★★★☆
おすすめ度★★★★☆

Axiom Zen

Axiom Zenのロゴ

バンクーバーでブロックチェーンのインターンをやりたいと言うのなら、Axiom Zenしかないでしょう。この会社はバンクーバー発であり、CryptoKittiesというブロックチェーンを利用したゲームを作ったことで知られています。基本的に夏と秋にインターン生を取っていて、夏は4ヶ月、秋は8ヶ月というイメージです。以前、人事と話したところ、夏ではそのまま9月から新卒で働いて欲しいという考えがあるらしく、そのため、5月に卒業した学生を取りやすい傾向にあります。

なお、インターン生を採用する上で、ブロックチェーンの知識はあまりみてないそうです。

僕も過去に2度くらい応募したことがありますが、一度も返事をもらったことがなく、おそらく学校でのイベントなどで既に目星をつけている可能性があります。UBCのハッカソンをスポンサーしているので、UBCでハッカソンをやる際にキャンパスを人事の人が訪れます。その時にしっかりと会話できるとかなり強いかもしれません。

難易度★★★★☆
一般的な評価★★★☆☆
給料★★★☆☆
特異性★★★★★
おすすめ度★★★★☆

A Thinking Ape

A Thinking Apeのロゴ

ゲーム開発関連のインターンがしたい場合はA Thinking Apeがバンクーバーでは一番有名でしょう。僕はゲームに疎いので、彼らが作っているゲームがどれほどのものなのかはよくわからないです(笑)。

聞くところによると、面接などでたびたび彼らのゲームを遊んだことがあるかなどと聞かれるそうなので、ここでのインターンを考えている人は一度彼らのゲームをやってみた方がいいでしょう。

難易度★★★☆☆
一般的な評価★★★☆☆
給料★★★☆☆
特異性★★★★☆
おすすめ度★★★☆☆

Vision Critical

Vision Criticalのロゴ

ここからは面接の問題難易度が少し低めのいわゆる入りやすい会社をいくつか紹介しようと思います。

Vision Criticalはバンクーバー発のスタートアップで、アンケートのプラットフォームを作っています。僕も面接を受けたことがあり、難易度はかなり低いような印象は受けました。プロセスも非常にシンプルで早かったので、個人的には印象はすごくいいです。インターンは基本的に8ヶ月間のものしかとっていません。

個人的にはテックスタックにC#を採用していることが少し難点かなと思います。僕がブログを書いている時点ではあまりC#が流行っている感じがせず、その後の仕事探しで利用するケースも少ないかなと思います。

難易度★★☆☆☆
一般的な評価★★★☆☆
給料★★★☆☆
特異性★★★☆☆
おすすめ度★★★☆☆

僕がインターンの面接を受けた際の一連の流れと問題、会社に行ってみた感想を下記の記事に載せたので、よかったら見てみて下さい!


Visier

Visierのロゴ

学校でのキャリアイベントに頻繁に参加しているためか、学生の間では結構知られている会社です。

ビジネスの様々なポイントでの最適化を手伝ってくれるサービスを提供しているそうですが、詳しいことは僕の方ではよくわかりません。

僕の方で知っているのは面接が簡単という話です。 Yaletownのスカイトレイン駅から出てすぐのところにオフィスを構えていて、とても目に着きます。あまり経験のない人にとってはいい機会になるのではないかと思います。インターンは基本的に8ヶ月間のものしか取っていません。

難易度★★☆☆☆
一般的な評価★★☆☆☆
給料★★★☆☆
特異性★★★☆☆
おすすめ度★★★☆☆

Vancouver Community Network (おまけ)

この小さな会社は僕がバンクーバーで一番最初にインターンをした場所になります。夏休みに入り、バンクーバーに残った僕でしたが、何かしないと時間の無駄だと思い、急遽Indeedで見つけたのがここでした。

Ruby on Railsの簡単な宿題的なものを渡され、それをやったら、採用してくれるということでした。あっけなく採用されてオフィスも見渡してみたのですが、従業員は6人ほど、そして、コードを書いている人はリーダーとリモートで参加しているディベロッパーだけでした。給料は最低時給でした。これは政府の方から若者に仕事をするチャンスを与えるプログラムに属しているので、政府の方から資金をもらって行うことができたようなものです。障がい者へのサポートという意味もありますが、僕が応募した際にはそのような応募者はいなかったようです。

2ヶ月間、あまりスケールの大きいことはできなかったですが、自分の履歴書にかけるものを載せることができたので、そのような形で満足するような感じになりました。

完全未経験でとにかく一つインターン経験を持ちたいと思っているのでしたら、試してみてもいいのではないのでしょうか?

難易度★☆☆☆☆
一般的な評価★☆☆☆☆
給料★☆☆☆☆
特異性★★★★☆
おすすめ度★★☆☆☆

期待の会社一覧

最後にここでは出てきていない会社で、これから将来的にインターン生を受け入れるかもしれない期待の会社を紹介していこうと思います。

アップル

アップルのロゴ

GAFAのもう一つの刺客、アップルは現在バンクーバーのダウンタウンで建築中の独創的なビルに新しくオフィスを構える予定だそうで、2020年には完成するそうです。ですので、近い将来にインターン生を取り始める可能性が十分にあります。

リソース:


Quora

Quoraのロゴ

お次はQuora!日本ではあまり聞かないかもしれませんが、Yahoo知恵袋の海外版と思っていただければいいかと思います。様々な質問が毎日投稿されていて、無料で閲覧することができます。

2020年の時点で既にバンクーバーで新卒の機械学習エンジニアを採用し始めましたが、まだインターンの募集を見かけていません。これからが楽しみの大型スタートアップです。


Grammarly

Grammarlyのロゴ

英語の文法ミスや表現の自然さなどを確認してくれるSaasを提供しているGrammarlyは2020年現在、バンクーバーでエンジニアの採用を始めています。Youtubeでの宣伝もあって、大学生の間でかなり人気です。会社自体としてはまだまだ成長段階ですので、インターン採用開始までまだ時間がかかるかもしれないですが、人気のインターン先になることは間違い無いでしょう!


まとめ

以上で僕が今思いつくバンクーバーのいい感じの企業たちのインターンについての紹介でした。このほかにもここでは紹介していない企業のインターンはたくさんあります。同期で200社のインターン応募をした人もいたので、ここにあげたのはそれらの中のほんの一部分と考えて下さい!


みなさんの役に立つことを願います!
では、また次回まで✌
記事更新はツイッターで告知するので、ツイッターの方でもフォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です